topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪の進軍氷を踏んで - 2014.02.16 Sun

八王子に27年ほど住んでいるが二度も大量に雪が積もったのは記憶にある限りでは初めてだ。
一度積もったものだからすっかり油断してしまった。
関東を襲った大雪の一度目はマンガ喫茶で乗りきった。
おかげでイニシャルDが読み終わったし
capetaという、週刊少年サンデーの『MAJOR』のレース版みたいな面白い漫画も見つけられた。
マンガ喫茶でマンガを読みながらのブラウザゲームはたいへんはかどる。

で、先日の二度目の大雪はすっかり油断してしまい八王子の家に帰ってきてしまった。
翌日は出勤だったのでもちろん早く起きはしたのだが電車が止まっている。
京王八王子駅まで行ければなんとかなることが分かりとりあえずタクシーをひろおうと思ったのだが
道に出ての第一歩目で膝までが雪に埋まった。
こりゃいかんと一度家に引き返しスキー板か雪駄は無いかと思ったがそんなものは無い。
親にもタクシーなんか動いてるわけないだろうと言われたのだが
ひょっとしたらブルドーザーが白タクやってっかもしれないだろと言い返しておいた。
とりあえずビニール袋で雪が靴の中に入らないようにして再度出発したのだが
十歩も歩く前に足を滑らせて雪の中に倒れた。
雪は解け始めているというのはいいことである。
おかげで深い雪のくせに滑って立ち上がるのに苦労する羽目になった。
ああこりゃいかんと家に引き返して雪駄を自作する方法を考えた。
ダンボールか雑誌を使えば何とかならないかと思ったのだが
どうしてもそれを靴に固定する方法が思いつかない。
かといって約4キロ先の京王八王子駅まで強行軍した場合、どうしても上り坂と下り坂を2セット越えていかねばならない。
たぶん2割ぐらいの確率で命にかかわる事態を引き起こす。
もうそれだったら緊急の仕事もないのだから家の前の雪かきをした方がいいのではないかと思ったのが朝6時前。
今から会社に電話したところで意味はない。タンタンかユキちゃんに伝言をお願いするわけにもいかないのだ。
だからといって不貞寝も出来ない。状況が変わるかもしれないのだから。
ひょっとしたらスコールがきて雪をすっかり流してしまうかもしれないじゃないか。

3時間弱ののち、変わったことといえば雪が止みつつあったことと明るくなったこと。
会社に電話を入れて状況を説明し、先週に引き続き私はスコップを装備した。
畜生め。明日はあんこう鍋を食べに行くつもりだったのに。
写真
やっと切り開いた道はマリオカートを思い出さずにはいられなかった。

銀世界の紙面に世界を創ったかたはコチラ
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://shimayatomin.blog.fc2.com/tb.php/630-5637ce21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

引っ越し、ハジマル。(引っ越すとは言ってない) «  | BLOG TOP |  » THE LONG AND WINDING ROAD

プロフィール

Author:しまや都民
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

月:ハチ (120)
火:あっちゃん (140)
水:のり (96)
木:群馬王 (142)
金:趙新華ゆーりん (90)
土:金魚ねーさん (147)
日:である調な高尾さんの脳内 (119)
こくさんリックドム (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。