topimage

2014-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢志摩 - 2014.04.27 Sun

三つほどの目的があって三月に鳥羽へと行ってきた。
その日、私は目的の一つであるパールロードこと県道128号を走っていた。
それはお昼どきのことだった。
食事をどうしようかと考えていたのだが道沿いには沢山の食堂らしきものがあった。
鳥羽に仲のいい叔父の家がある友人が言うにはそのどこに入っても美味いものが食えたらしい。
産地直送どころか産地そのもので、
そして調理に失敗しにくいであろう海鮮丼や刺身定食ならばたしかに外れもなかったであろう。
ただ「馬鹿だなぁ」みたいな言い方をされたので
「あんな廃墟が看板かけなおしただけにしか見えないとこ、飛び込みで入る気なんか起きゃしないって」
と言い返しておいた。冗談でも言っていいことと悪いことぐらいあるとは思う。
海風にさらされたコンクリートの視覚効果は抜群だったのだ。

友人曰く『廃墟』ができる前はもっとさびれていたのだそうだ。本当に何もなかったのだそうだ。
ただでさえ目の前に海で右を見ても左を見ても海。後ろに山というぐらい何もないというのに。
しかしよく考えたら我が友人の年齢を考えると、
まだ無かったころの記憶があるということはあの廃墟群は築25年前後ということになる。
潮風の腐食は恐ろしいかぎりだ。
写真 3

そんな時に「ライダーズカフェ ルート750」という看板が見えた。
コレだ! と思ってただちにお店に入ってみた。
そこはログハウスで明らかにここ数年に建てられたように見えた。
写真 2

さて、私はそのライダーズカフェで一日10食限定という伊勢マグロ丼というのを注文した。
これが大当たりだった。
新鮮な魚はこんなにも美味しいのかと感動した。
ご飯の上に乗っていたのは赤身とたぶん中トロだろう。
これが大トロのようにやわらかい。
やわらかくて口の中でとろけるが噛んだところが潰れないでしっかりしている。
とろけた身と、噛まなくてもそして噛むごとに染み出してくるほどの脂と醤油とお米が交じり合う。
日本人最大の発明は魚の美味しい食べ方に違いないと感激していると涙まで出てきた。
泣いているのは美味しいからではない。ワサビの量を間違えたから。写真 1


私「御馳走様です。いやぁ~美味しかったです」
店員「あぁ、よかったです。いやこれ実は養殖なんですよ」
私「え?」
そこから先は店員さんがなんと言っていたのかよくおぼえていない。
だが養殖モノがあんなに美味しいのなら天然モノが絶滅しても私の舌は何も困らない。

あれを食べるためだけにまた鳥羽へ行ってもいい。



いくつかの目的があって有明に行くことがあるかたはコチラ
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

しまや都民

Author:しまや都民
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

月:ハチ (120)
火:あっちゃん (140)
水:のり (96)
木:群馬王 (142)
金:趙新華ゆーりん (90)
土:金魚ねーさん (147)
日:である調な高尾さんの脳内 (119)
こくさんリックドム (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。