topimage

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YENi TAKI - 2015.01.25 Sun

インテックス大阪への搬入のときの楽しみは向こうにあるトルコ料理屋に行くことである。
トルコ料理というとのび~るアイスとケバブしかイメージが湧かなかろうが世界三大料理の一つである。
いくつか紹介したいが今回は一つだけにしておく。

トルコのお酒イエニ・ラク
IMG_1251.jpg
葡萄から作った蒸留酒でアニスで香りづけされている。本来は透明だが水で割るとご覧の色に濁る。
その色から獅子の乳とも呼ばれるそうである。
度数はおよそ50前後。水か炭酸で3倍ぐらいに割るのが一般的だが
ストレートで飲んだ後に胃の中で水割りにする地域もあるとかなんとか。
類似または同じルーツの姉妹酒は中東や小アジア、南欧にあるという。

そこはかとなく薬くさく漢方薬っぽい匂いがするのだが、アニスは中華料理に使う八角と匂いが似ているそうだ。
日本ではありとあらゆるところで「独特の匂い」と紹介される。
私は嫌いじゃないし異国情緒を感じるような気がするのでたまになら飲みたくなる。
トルコ国内では消費されている酒類の八割方を占めているとか。

もちろん酒には肴がつきもので、メゼ(meze・前菜)を食べながら飲むのが世界共通のスタイルである。
山羊の乳で作った白チーズや野菜とヨーグルトをあえてペースト状にしたエズメなど、
トルコ料理には羊肉やヨーグルトを使うことが多い。
地域柄で酪農系の乳製品が根付いているからである。トルコ人の先祖テュルク族は元々遊牧民だったこともあろうか。
イスラム文化の影響は直伝や直系というレベルで豚肉が使えない代わりにそれ以外をよく使う。
羊肉はたぶん中世でのモンゴルの影響もあるのではないか。ギリシャも近いのでオリーブも皿上を彩る。
日本ではあまりなじみが少ないものが多い。
こういったものを食べながら飲むラクは心地が良いのである。


楽に原稿を完成させたいかたはコチラ
スポンサーサイト

ピザ味 - 2015.01.18 Sun

IMG_1028.jpg
高いほうのベビーチーズを買ってみた。
トマトとバジル味のチーズ。どう考えてもピザである。
となるとハズレは無いだろう。まずもってチーズ味は安定感が高い。

買ってから家に帰るまでと、家に着いてから夕飯を終えて風呂をあがるまでの間にすっかり常温化してしまったのだが
そうなるとこのチーズはチーズとしては不純物が多いせいかやわらかくモチモチになっていた。
私個人としてはアリである。
惜しむらくは焼いたフランスパンが無かったことである。
ベーコンかウインナーと一緒にフランスパンに乗せてトースターで焼いたら美味しそうだった。


原稿にインキとトーンを乗せるかたはコチラ

追跡 - 2015.01.11 Sun

マツダ(自動車会社)の開発したアプリがちょっと面白そうだったのでさわってみた。
画像を簡単に加工で来て愛車をかっこよく演出できるらしい。
例えば背景をぼかして疾走感やスピード感を与えたりできるようである。
ところがこのアプリはクルマじゃなくても加工できるようなので、
そしてクルマ以外の写真にもよく使われているらしい。
試しに和菓子を疾走させてみた。

IMG_0261.jpg

スピード感を持って原稿を仕上げたい方はコチラ

ラーメンおがわ - 2015.01.04 Sun

IMG_1080.jpg
八王子近辺に小川グループというラーメン屋のグループがある。
ここのチャーシューが美味しい。
お店で出てくるのは厚切りでジューシーなところがよい。
バラチャーシューとロースチャーシューがあるのだがバラのほうがやわらかく脂身がとろけて好きである。
ラーメン自体も濃い味で値段の割にボリュームがあってよい。
だが一番おススメしたいのはやはりチャーシューである。
高幡不動店以外は駅から遠いのだがチャーシューは通販している。
通販するぐらいに自信があるのだろう。
温かくして冬の晩酌にでもいかがだろうか。


内容の厚い本を作りたいかたはコチラ
チャーシューはコチラから

エイリアンVSエレン・リプリー - 2014.12.28 Sun

IMG_1198.jpg
エイリアン! ALIEN!
映画『エイリアン』のことを昔は「よく知らないけど怖いやつ」ぐらいに思っていた。
ある日、たまたまエイリアンとプレデターのことを調べているうちに面白そうに思って映画を観たり本を買ったりしてみた。
エイリアンシリーズは全体的に漂う圧迫感や不気味さがとても面白いと思う。

小説は映画より心象描写に向いている。
小説版はエイリアン2とエイリアンVSプレデターを読んだのだが
「いつか必ずあいつらが襲い掛かってくる!」という緊張感が常に漂っている。
サスペンス系やホラー系は好きではないのだが、それらが好きな人はこの緊張感が好きなのだろう。

さて、この前本屋でエイリアンの小説を見つけた。公式の新作だ。
エイリアン1とエイリアン2の間には57年の時間があるという設定なのだが、これはその間の話である。
出てくる人物のうちエイリアン2に登場しているのはシリーズの主人公リプリーと猫のジョーンズだけだ。
まだ読んでいる途中だがそれはつまりそれ以外の登場人物はそらそうよということになるのだろう。
だが今読んでいる段階ではまだおおよそ生きているのである。
できれば死なないでほしいと思わせているのだから翻訳あるいはもとの文章は充分に仕事を果たしているだろう。


影から襲い来る締切と戦うかたはコチラ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:しまや都民
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

月:ハチ (120)
火:あっちゃん (140)
水:のり (96)
木:群馬王 (142)
金:趙新華ゆーりん (90)
土:金魚ねーさん (147)
日:である調な高尾さんの脳内 (119)
こくさんリックドム (21)
未分類 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。